不動産売却を考えている方は書類について学ぼう

つみきの家
このエントリーをはてなブックマークに追加

必要な費用

案内する男性

伊豆で不動産物件を売却する方は多いと言われていますが、そこで気をつけたいのが手数料です。様々な項目で費用が発生するのでしっかりと覚えておきましょう。住宅ローンの残高と同じ金額で売れたとしても油断は禁物です。様々な手数料で費用が引かれる為、結局は住宅ローンの残高を下回ってしまうことになります。ですので、伊豆で不動産物件の売却を考えているなら、売却価格と仲介手数料を足した金額で売却する必要があるのです。まず、伊豆で不動産物件を売却する際に必要な手数料などの費用について調べてみましょう。家を売却する際には仲介手数料が必要になってきます。一般的に伊豆で住宅などの不動産物件を売却する際には仲介会社を利用するからです。仲介手数料は会社が決めますが、上限が決められています。取引価格×3パーセントに6万円と消費税を足した金額です。この金額はあくまでも上限で、この金額より下ならいくらでも大丈夫ということになります。不動産によっても違ってきますが、基本的に上限一杯に設定している会社が多いと言えるでしょう。目安としては500万なら22万500円、1000万なら37万8000円の手数料を支払わなければいけません。このように手数料についてしっかりと計算しながら売却するのが大切になってくるのです。この手数料について覚えておくと伊豆で不動産物件を売却する際に失敗することも少なくなります。また、印紙税や抵当権抹消登録費用、事務手数料などの費用が発生するので覚えておくと良いでしょう。