不動産売却を考えている方は書類について学ぼう

つみきの家
このエントリーをはてなブックマークに追加

心理的瑕疵がある物件

間取り

東京では事故物件の需要が高まってきています。心理的瑕疵物件とも言い、マンションについての事実を知っていたら不動産の購入を止めていた心理的瑕疵が不動産物件にある場合の事です。東京で事故物件が人気なのは、何よりも安さでしょう。投資マンションに利用する場合も安く購入することができますし、利用者も他の条件が同じマンションに比べて安く利用することができるメリットがあります。一般的に心理的瑕疵物件としては、物件で殺人や自殺があった場合が多いでしょう。殺人や自殺があった部屋は良くインターネットサイトや雑誌などでも取り上げられるので有名です。基本的に心霊現象が起こると噂されていますが、これは気持ちの問題の方が大きいと言えます。気にならない方は他のマンションと同じように生活することができるからです。また、事故や事件などが起こった物件も心理的瑕疵物件と言えます。家事や薬品による中毒、病気などで死亡した場合を意味しているのです。東京では事故物件として心理的瑕疵要素があるかどうかが重視されていますが、心理的瑕疵物件に該当するのはその物件で死人が出た場合だけではありません。物件周辺の環境次第で心理的瑕疵物件に該当する場合があります。周辺物件として嫌悪されているのが、墓や葬儀場、病院などです。やはり人の死を連想させる場所は多くの方から嫌悪されています。また、東京では学校も心理的瑕疵要因のある事故物件として扱われることが増えてきていると言われているのです。理由としては児童の声などでうるさいことや、イタズラなどによるトラブルが挙げられます。